金銅装頭椎の大刀
(こんどうそう-かぶつち‐の‐たち (頭椎の大刀/頭槌の大刀)
柄頭(つかがしら)が塊状をしている大刀。「かぶつちのつるぎ。」「くぶつちのたち。」とも言う。)
古墳時代の刀剣の一。柄(つか)の頭に金銅や銀で作った塊状の中空の金具をつけた大刀。実戦用ではなく儀仗用か奉献用の大刀とされる。


特別注文品
6世紀末から7世紀前半古墳時代後期に作られ、地方の豪族に下賜された。
 刀身は真鍮クローム直刀


頭椎大刀 頭椎の大刀
頭椎大刀 頭椎大刀 頭椎大刀
頭椎大刀 頭椎大刀 頭椎大刀
頭椎大刀 頭椎大刀 頭椎大刀
頭椎大刀 頭椎大刀 頭椎大刀
頭椎大刀 頭椎大刀 頭椎大刀
頭椎大刀 頭椎大刀 頭椎大刀
頭椎大刀 頭椎大刀 頭椎大刀
頭椎大刀 頭椎大刀 頭椎大刀
頭椎大刀 頭椎大刀 頭椎大刀
頭椎大刀 頭椎大刀 頭椎大刀
頭椎大刀 頭椎大刀 頭椎大刀
頭椎大刀 頭椎大刀 頭椎大刀
頭椎大刀 頭椎大刀 頭椎大刀
頭椎大刀 頭椎大刀 頭椎大刀
頭椎大刀 頭椎大刀 頭椎大刀
頭椎大刀 頭椎大刀 頭椎大刀
頭椎大刀 頭椎大刀 頭椎大刀
頭椎大刀 頭椎大刀 頭椎大刀
頭椎大刀 頭椎大刀 頭椎大刀
頭椎大刀 頭椎大刀

www.samurai-jpn.com

Copyright ©Inoue Corporation Ltd.