群鳥文兵庫鎖太刀 (乙)
(ぐんちょうもんひょうごくさりたち − おつ)

平安時代末期から鎌倉時代前期に高位の武家に盛行した、堅牢性の高い拵え。帯取と猿手に鎖を用いるのが特徴とされる。
豪華で厳めしいことから厳物造(いかものづくり)太刀とも呼ばれた。

特別注文品
群鳥文兵庫鎖太刀拵えの復元

鞘は銀の梨地艶消し仕上げ
真鍮製燻銀調群鳥文の俵鋲、飾目釘、鍔、足金物、責金物と四条兵庫鎖帯取、二条鎖猿手、分銅露先金。 柄は鮫皮巻き着せ。

群鳥文兵庫鎖太刀 (乙)の注文

群鳥文兵庫鎖太刀-乙 群鳥文兵庫鎖太刀-乙
群鳥文兵庫鎖太刀-乙 群鳥文兵庫鎖太刀-乙 群鳥文兵庫鎖太刀-乙
群鳥文兵庫鎖太刀-乙 群鳥文兵庫鎖太刀-乙 群鳥文兵庫鎖太刀-乙
群鳥文兵庫鎖太刀-乙 群鳥文兵庫鎖太刀-乙 群鳥文兵庫鎖太刀-乙

www.samurai-jpn.com

Copyright ©  Inoue Corporation Ltd.