衛府太刀(えふのたち)- 細太刀(ほそたち)

衛府太刀(えふのたち)とは六衛府に使える武官が佩用した太刀。兵仗用の簡素なものと儀杖用の豪壮なものの二通りがあったが時代が下るにつれ細太刀と同一化される形で儀杖用のものだけが残った。細太刀(ほそたち)は「飾太刀」の飾金具を省略したもので、豪奢な飾太刀を金銭的な理由から持てない場合の代用として、また飾太刀を佩くことを許可されていない下位の公家が用いた。 「細剣」とも表記される。飾太刀が儀仗の太刀として用いられることが稀になると、宮中での「儀仗の太刀」として高位の公家も佩用するようになり、平安時代から現代に至るまで、様式を変えつつも「儀仗の太刀」として佩用され続けている。豪華な装飾が省略され、全体的に細身に誂えられた。この細太刀は復元した唐鍔、分銅形鍔(ふんどうがたつばとも言う)を使用しています。

仕様

塗り ポリウレタン塗装仕上げ 重量 1,350g
刀身材質 砂型鋳造硬質合金 全長 約106cm
刃渡り 2尺3寸5分 反り 6分
価格: 198,000円 刀袋付き
細太刀の注文

www.samurai-jpn.com

Copyright ©  Inoue Corporation Ltd.