魚袋



魚袋(ぎょたい)は束帯装束(そくたいしょうぞく)に用いる装飾品。
古代以来、節会せちえ・大嘗会だいじょうえ・御禊みそぎなどの儀式において、束帯を着用した際に石帯の右腰につけた飾り具。木製の箱を白鮫しろざめの皮で張り、金あるいは銀製の魚の形を表に六つ、裏に一つつけ、紫または緋の組紐をつけた。金魚袋は親王および三位以上、銀魚袋は四位・五位の者が使用。中国唐代の魚符を模したもの。

細太刀拵え

魚袋
木製の芯の四方に本鮫皮張り。表面の金属製の魚と波型の飾り及び裏側の魚は真鍮製で金鍍金を施す。 吊るし紐は本鹿皮。

魚袋 魚袋
魚袋 魚袋
魚袋 魚袋
魚袋 魚袋
www.samurai-jpn.com

Copyright ©Inoue Corporation Ltd.