銀銅蛭巻太刀拵
(ぎんどう ひるまき たち こしらえ)

平安時代末期から鎌倉時代にかけて制作されたとされる、蛭巻の堅牢さと優美さを兼備した逸品。
銀鍍金をした帯状の山銅板を柄、鞘ともに蛭巻にして、その隙間を黒漆で埋め、総金具を鋤出彫鍍金としている。
鍔は木瓜形で柄頭が大きく張り兜金が石突に比べかなり大きく、柄反りが強い姿となる。
飾剣や毛抜形太刀のような式正の太刀ではなく、実用または奉納に用いられたた特殊な拵えと考えられている。


特別注文品 仕様

総金具(兜金、鍔、足金物、責金、石突)は唐草図の真鍮製で真鍮鍍金。飾目貫と俵鋲は真鍮製の孔雀図で特に俵鋲は一つづつ違う姿の孔雀。蛭巻は92.5%の全銀製(鍍金無し)。
鞘の木地は薄く補強のため牛の生皮を慎重に巻き、この上に二条の蛭巻を等間隔に施す。 蛭巻の隙間は黒のカシュウ漆塗り。 帯取りは七つ金で牛革の芯に燻鹿革巻。 刀身は細身の上質真鍮クローム

銀銅蛭巻太刀の注文

銀銅蛭巻太刀 銀銅蛭巻太刀
銀銅蛭巻太刀 銀銅蛭巻太刀 銀銅蛭巻太刀
銀銅蛭巻太刀 銀銅蛭巻太刀 銀銅蛭巻太刀
銀銅蛭巻太刀 銀銅蛭巻太刀 銀銅蛭巻太刀
銀銅蛭巻太刀 銀銅蛭巻太刀 銀銅蛭巻太刀
銀銅蛭巻太刀 銀銅蛭巻太刀 銀銅蛭巻太刀
銀銅蛭巻太刀 銀銅蛭巻太刀 銀銅蛭巻太刀
銀銅蛭巻太刀 銀銅蛭巻太刀 銀銅蛭巻太刀

www.samurai-jpn.com

Copyright ©  Inoue Corporation Ltd.